不妊で悩みサプリを摂って、妊活中の男性はあなたが想像している以上にいるのです

          このエントリーをはてなブックマークに追加

「夫婦生活 → 不妊 → 妊活 → 妊娠 → 出産」 の現実

妊活中の夫婦

 

結婚したら

「夫婦生活 → 妊娠 → 出産 → 子育て」
これが普通だと思っていました・・・

妊活中の女性:トモコ
(ノ≧▽≦)ノ

「みなさんこんにちは。2年間の妊活の末、めでたく第一子を出産できた、トモコです。現在は2人目の妊娠を目指して妊活中です」

妊活中の男性:ジロー
(‘・c_・`)ゞ

「トモコの夫、ジローです」

妊活中の女性:トモコ
(ノ≧▽≦)ノ

「このサイトでは、不妊で悩むご夫婦の妊活を最愛の夫が男性目線でアドバイスしていきます」

妊活中の男性:ジロー
(‘・c_・`)ゞ

「私としは少し恥ずかしいのですが・・・」

妊活中の女性:トモコ
(ノ≧▽≦)ノ

「そんなこと言ってられないでしょ! 結婚したら子供がほしいのは、当・た・り・ま・え」

妊活中の男性:ジロー
(‘・c_・`)ゞ

「はい、おっしゃる通りです・・・」

妊活中の女性:トモコ
(ノ≧▽≦)ノ

「それでは、少しでもみなさんの参考になれば嬉しく思います」

 

 

サプリメントに対して男性妊活の秘訣

 

妊活サプリを選ぶ時、男性が気をつけること

 

サプリや日常の食事で摂れる男性の妊活に必要な栄養素って何?

 

 

毎日の食事に対して男性妊活の秘訣

 

サプリだけでなく男性の妊活は食べ物や飲み物の食材にだって気をつけたい

 

男性の妊活は気を付けたい飲み物はサプリだけではありません

 

 

日々の生活習慣に対して男性妊活の秘訣

 

サプリまかせで大丈夫? 男性の妊活で気をつけたい、毎日の生活習慣とは?

 

妊活の落とし穴に落ちないために気をつけることは?

 

病院に対して男性妊活の秘訣

 

男性が妊活する上で病院とのかかわりあい

 

男性が不妊治療を受ける場合、どのような診察なの?

 

男性不妊に対して男性妊活の秘訣

 

私は不妊なの? 男性が妊活する前にチェックしておきたいこと

 

あなたの精子は大丈夫? 男性にとっては話しにくいけど大切な事です

 

 

奥さんに対して男性妊活の秘訣

 

男性が妊活をはじめようと思ったキッカケやタイミングは?

 

女性の奥さんだから知っておいてほしい、男性の妊活


意外と知られていない、男性不妊の真実とは?

考える医者

 

男性の不妊患者っていったいどれくらいの人口なの?

 

あなたは、現代社会において不妊の男性ってどのくらいいると思いますか?

 

実は、2015年においては推定86万人の成人男性が、不妊と言われる統計数値もあります。
これは、同年代の糖尿病患者32万人よりもはるかに多い約2.5倍の人数です。

 

なので、男性の不妊は決して珍しい病気ではないのです。

 

たとえ、この事実を聞いたとしても、あなたの身の回りに糖尿病で悩んでいる友人や知り合いはいるかもしれません。
しかし、不妊で悩んでいる男性は見かけないかもしれません。

 

不妊や糖尿病はどちらも同じ様に慢性的な症状だとしても、不妊で悩み妊活が必要な男性は限られています。
子供を授かっている夫婦にとったら、そもそも不妊で悩み妊活する必要はありません。

 

男性の夫がタバコを吸おうが、暴飲暴食しようが、三段腹のメタボ体型になろうが問題ないのです。
もちろん、これらは男性の妊活においての話であり、ご自身の健康を思うのとは別の考え方です。

 

 

妊活は女性だけがすること?

 

しかも、
世間一般の妊活に関する認知度としては、
「妊活は女性がすること」
という固定観念が根強く残っています。

 

確かに、『妊娠・出産』は女性しかできないことで、男性はどう頑張っても代わってあげることができません。
あくまで、男性の役割は妊娠するキッカケでしかありません。

 

若い女性が持った健康的な卵子と、
若い男性が持った健康的な精子が、
一番妊娠しやすいのは、誰もが想像できることでしょう。

 

もし、これを読んでいるあなたが、中年にさしかかった男性なのであれば、もう二度とあの当時の若さは取り戻すことはできません。
しかし、今から健康的な体作りをすることで、健康的な精子は取り戻せます。


どうして、男性の不妊患者は少ないの?

夫婦の足元と子供用の靴

 

糖尿病にかかれば必ずと言っていいほど病院に診察してもらいます。
一方、不妊はすぐ判断できる症状が体に現れないため、なかなかわかりません。

 

妊娠するためにいくら奥さんの女性だけが妊活を頑張ってもいけないのです。
なぜなら、もし不妊の原因が旦那さんの男性にあれば、妊娠までの道のりは長くなってしまいます。

 

しかし、病院に診察にくる男性の不妊患者数は、わずか数%と言われています。
女性に比べると男性の不妊患者はるかに少ないのです。この現実は、どのお医者さんも知っています。

 

この様な根本的な課題を抱えているのですが、なかなか男性の不妊患者の診察数が増えることはありません。
それは【精神的課題】と【物理的課題】と【環境的課題】の3つがあります。

 

 

男性不妊に立ちはだかる 【精神的課題】

 

「恥ずかしい」

 

やはり、女性が不妊のために病院に通うという認知度に比べると、男性の不妊はまだまだ認知度は低いと言わざる得ません。

 

「もし、周囲に自分が不妊と知られたら、男性失格だと笑われるかも・・・」
などの、男としてのプライドが邪魔するのでしょう。

 

 

男性不妊に立ちはだかる 【物理的課題】

 

「病院の数」

 

そもそも、男性の不妊の専門医の数が圧倒的に少ないことが原因です。
もし、男性が不妊のために病院で診てもらいたいと思っても、診てもらえないというケースが多く見られるのです。

 

男性不妊を研究している大学の数も限られているため、男性不妊患者を診る医者側の立場すると、
『診ない』といより『診られない』のが現状です。

 

 

男性不妊に立ちはだかる 【環境的課題】

 

「仕事が忙しく時間がない」

 

これは、働きに出ている男性には避けられない課題です。

 

一個人でできる努力もあります。
しかし、社会全体の構造も要因となってきますので、一概にして簡単に解決できる課題ではありません。


妊活サプリでわかる、男性と女性の妊活に対する認識の違い

各種サプリメント

 

【妊活 サプリ】

 

以上の検索ワードをネットで調べると、ほとんどが女性向けのサプリメントばかりです。
そのため、男性が妊活を始めようと思っても、何から初めていいのかわからないのは、あなただけではありません。

 

ここではとっておきに、押さえておきたいポイントをお伝えしますッ!

 

1年間の夫婦生活でダメなら ≪夫婦で妊人三脚≫ が必要なサイン!

 

『子作り』と言っても、たった1回のセックスで妊娠する可能性もあります。
では、何を基準に『不妊』と診断されるか知っていますか?

 

現代の不妊の一般的な定義は
「正常の夫婦生活を行っているにもかかわらず、
   1年間たっても妊娠することができない」

とされています。

 

つまり、子供を望んでいる夫婦で1年以上妊娠できない夫婦は、まず≪夫婦で妊人三脚≫の妊活が必要と思っていいでしょう。

 

男性用の妊活サプリを選ぶ時、まず気をつけることとは安全性が大事

 

男性の妊活サプリは精力剤とは少し違います

 

夫婦で協力する上での妊活は、
男性なら『精力剤
女性なら『妊活サプリ』
などと、あなたは思っていませんか?

 

確かに、男性用の妊活サプリと精力剤は似ている点はあります。

 

真剣に妊活を考えているあなたは、
「男性用の妊活サプリと精力剤の違い」
「男性用の妊活サプリと女性用の妊活サプリの違い」
を勉強しておきましょう。

 

男性用の妊活サプリと精力剤とは何が違うの?

 

EDの男性不妊にとって救世主として有名になったバイアグラとは?

 

男性の妊活のために禁煙はOK!! 禁欲はNG!?

 

人間の三大欲求は【食欲・睡眠欲・性欲】と、一般的に言われています。
確かに、人間が代々子孫を反映していくためには、どれも不可欠な欲求であることは誰もが認めるところでしょう。

 

「男性にとって禁止されると苦しい三大禁止欲求は何?」

 

もし、あなたがこの質問を尋ねられると、どのような欲求を想像しますか?

 

私は個人的に【禁煙・禁酒・禁欲】ではないかと思います。

 

でも、実はこの三大禁止欲求をキチンと理解することは、男性の妊活にとってかなり重要なんです。

 

 

「病院に行くのが恥ずかしい・・・」 女性はもっと恥ずかしいんですよッ!

 

男性が不妊妊活のために医者に診てもらうことを「恥ずかしい」とためらう男性は大勢います。
その点、女性が不妊妊活のために医者に診てもらうのは今となっては普通です。

 

その時、あなたの奥さんは女医ならまだしも男性の医者にどのような診察をされているか成人男性なら想像できますよね?
そのことを理解してあげると、男性の恥ずかしさなんて大したことありません。

 

妊活を始めるために、事前に病院で検査してもらったほうがいいの?

 

男性諸君にお聞きします! あなたの“ムスコ”は大丈夫ですか?

 

下ネタに聞こえてしまうかもしれませんが、
“息子”がいない男性は大勢いるでしょうが、
“ムスコ”がいない男性はかなり少数派です。

 

子供を授かりたいのであれば、あなたの“ムスコ”の健康管理は必須です。

 

男性にとって妊活にいいオナニーと、悪いオナニーの違いとは?

 

男性不妊で悩んでいるのは、何もあなただけじゃありません

 

男性として自分が不妊だとわかれば、男性としての自信を無くしてしまうのは無理はありません。
そのため、周囲に打ち明かせず多くの男性がたった1人でもんもんと悩みがちです。

 

しかし、同じような環境で悩んでいる男性が、実は周囲に多くいる事を忘れないでください。
あなたの近くに相談できる人がいないのであれば、まずは信頼できる医者に診てもらうことが一番です。

 

あなたの切実な不妊の悩みを笑う医者などいないのですから。

 

整体師は不妊治療の専門外!? 実は、一番の妊活の相談者かもしれません

 

男性妊活サプリメント、マイシード


夫婦で妊活や不妊治療を始める前から確認しておくことが何より大事

不妊治療にかかる費用

 

一般的に考えると、不妊治療妊活の主導権を握るのは男性ではなく女性になる場合が多いです。

 

「子供がほしい」
という、強い思いも男性より女性の方が強い気持ちが本能的にそうさせてしまうのかもしれません。

 

初めの頃は、夫婦の間で気軽に始めたつもりだった妊活だったかもしれません。

 

しかし、産婦人科に通いながら不妊治療が始まると、女性は妊活に対して次第にストイックになっていきます。

 

そんな、感情的になりがちな奥さんを精神的に支えたりしてあげることが何より男性に課せられた妊活であることを、決して忘れてはいけません。

 

 

どこまで不妊治療を続けるか、妊活を始める前に決めておくこと

 

これはとても大事な妊活不妊治療を始める前に決めておくことが大事となります。

 

気軽な妊活だと健康的な生活習慣などで済むので、ずっと続けていくことは問題ないと思います。

 

しかし、病院で人工授精などの不妊治療が始まると、精神的なことはもちろんですが金銭的な面においてもどんどん家庭の中に入ってきます。

 

人工授精は比較的安いので気軽に受けることもできるかもしれませんが、顕微授精に進むと高額医療となるので一般家庭となるとできる回数も限られてきます。

 

もちろん、回数が増えるだけ妊娠する確率は高くなりますが金銭的にどれくらい続けることができるかどうかは別問題です。

 

夫婦の間で、金銭的な面を含めてどの程度まで不妊治療を続けるのか決めておくことが大事です。

 

 

不妊治療の最悪の結末とは?

 

いくら生殖補助医療技術が進歩したとはいえ、不妊治療をして妊活を続けているすべての夫婦が望み通りに子供を授けるという約束は誰にもできません。

 

そのため不妊治療をやめた時、子供を産むことができなかったことが最悪の結末と考えがちです。

 

しかし、最悪の結末とは子供を授かることができなかったことではありません。

 

不妊治療を最悪の形で終える形は『離婚』です。

 

これも、どうしても妊活をしているとお互いのすれ違いでイライラすることも増えてきます。

 

それが段々と積もって夫婦仲が悪くなっては妊活どころではありません。

 

そのようなことにもならないためにも、特に本格時に不妊治療を始める前にはどこまで不妊治療を続けるか決めておくことが大事となってきます。

 

1.金銭的な線引きをする

 

不妊治療はどうしても続けていけば続けていくほど、医療費が嵩んできて家計を圧迫してきます。

 

もし、夫婦の間で納得した形で不妊治療をしないと、多額の請求書だけが残されて終わっては何も得ることができません。

 

何より、夫婦一緒に納得した上で建設的な不妊治療を考えた上で妊活することを心がけることが大事になってきます。

 

2.どちらかの年齢などの時間的なことで線引きする

 

男性もですが、女性は特に妊娠には高年齢になればなるほど妊娠率は低くなってきます。

 

年齢的な線引きをして不妊治療を続けるのも1つの考え方です。

 

3.納得ができるまで気分的に線引きする

 

一番、避けるべきこととしては悔いが残る不妊治療は避けるべきです。

 

だからと言って、妊活にストイックになりすぎてもいけません。

 

女性である奥さんが納得できるまで不妊治療を続けたいのであれば、精神的にサポートすることを怠らないようにしてください。

 

そんな中でも、女性も財布のことはしっかりと考えています。


生殖補助医療技術による不妊治療

子供部屋

 

夫婦で不妊治療を始めると、まずはタイミング法から始まります。
それでも、なかなか妊娠の兆しが見られない場合は次のように不妊治療が進められます。

 

 

1.人工授精

 

人工授精は古くから行われている不妊治療です。

 

タイミング法ではなかなか妊娠が見られない場合は、次に人工授精に移ります。

 

人工授精という不妊治療

 

2.体外受精

 

体外受精は1980年代から導入された不妊治療です。

 

体外受精によって産まれた赤ちゃんは自然妊娠で産まれた赤ちゃんと、ほぼ変わらないと考えられています。

 

体外受精という不妊治療

 

3.顕微授精

 

現代の不妊治療は1995年を境に飛躍的に進歩しました。

 

それは、この顕微授精が導入されたことが一番の理由です。

 

顕微授精という不妊治療


女性だけがいくら妊活を頑張っても男性が無精子症なら妊娠はできません

ハートを持つ妊活中の女性

 

男性不妊症の原因は様々あります。

 

男性自身でわかるものとしては以下のような男性不妊症が考えられます。

 

 

しかし、もし男性のあなたが勃起と射精に問題がなかったとしても無精子症だとすると必ずなんらかの男性のために不妊治療が必要となります。

 

 

【閉塞性無精子症】 による男性不妊症の場合

 

精巣から精子の通り道である場合は精路がふさがっているために、精液の中に精子が含まれていない場合は無精子症と診断されます。

 

その場合は、以下のような手術で精子を取り出すことが可能です。

 

 

 

【非閉塞性無精子症】 による男性不妊症の場合

 

この場合は、精子の通り道である精路には問題はありません。

 

そう言われると一見安心してしまうかもしれませんが、実は男性不妊症としては非常に深刻です。

 

なぜなら、精路に問題がないにも関わらず無精子症の場合は造精機能に問題があるからです。

 

少し昔は、精路に問題はないが無精子症の男性は子供を諦めるしかありませんでしたが、現在では精巣から精子を見つけ出すことが可能となっています。

 


夫婦で不妊治療をする上で男性が一番大切な妊活とは?

卵を包む両手

 

妊娠は男性だけでも女性だけでもできません。

 

妊活においては男性と女性が2人で協力することで初めて妊娠することができます。

 

しかし、妊活を始めるとどうしても女性だけが頑張りすぎてしまい、ストイックになりがちです。

 

一方の男性は日々の夫婦生活が義務的に感じてしまい、子作りのためだけのセックスを嫌がる傾向にあります。

 

男性や女性の性別に限らない妊活の共通点は健康的な体作りですが、女性にだけにしかできない妊活もあれば、男性にだけにしかできない妊活もあります。

 

もし、あなたが、
「男性だけにしかできない妊活とは何ですか?」
と、聞かれるとどの様な妊活を思い浮かべますか?

 

あくまで男性にしかできない妊活を考えてみてください。

 

 

一見、男性だけの妊活に思われがちなこと

 

  • タバコをやめる
  • お酒を控える

 

確かに、男女別の人口を比較すると喫煙者や飲酒する人は女性に比べると男性が多いので、男性の特有の妊活と思われがちです。

 

しかし、これらは女性にとっても同じことで、むしろ男性より女性が妊活への直接影響を受けやすいと言えます。

 

仮に、女性が不妊治療をするのであれば禁煙・禁酒は絶対必要条件と言ってもいいでしょう。

 

 

確かに、男性にしかできない妊活ですが・・・

 

  • 定期的にマスターベーションをする

 

これは、間違いなく男性にしかできない妊活といえます。

 

間違った男性にとっての妊活の認識で、精子を溜めておくことで一回の射精の量が増えると思っている人がいます。

 

しかし、それでは精子の量が増えても、精子の質が落ちてしまうので妊娠はしにくいことになってしまいます。

 

毎日、マスターベーションする必要はありませんが、週に2〜3回は定期的に射精することが大事となります。

 

射精することはマスターベーションでも問題ないですが、どうせなら排卵日以外のセックスがもっと妊活には効果的だと言えます。

 

タイミング法のような子作りのための義務的なセックスではなく、単純に回数を増やすことはそれだけ妊娠の可能性も高めます。

 

自分の中で勝手に安全日などを作らないことです。

 

 

男性にしかできない、一番大事な妊活とは?

 

実は、男性にしかできないとても大切な妊活があります。

 

それは「奥さんを精神的にサポートし支えてあげること」です。

 

女性は生理の日だけでもイライラすることもありますし、男性にくらべてホルモンバランスの乱れで情緒不安定になりがちです。

 

そもそも、男性より女性のほうが感情的になりやすい性格に加えて、不妊治療をしている時は妊娠に一喜一憂して精神的にかなり不安定になります。

 

  • 生理がくるたびにがっかりしてしまう
  • 他人の妊娠を素直に喜んであげられない
  • 協力的でない男性の言動にイライラする

 

その様な時、精神的に支えてあげることができるのは、いつもそばで頑張っている姿を日々見ている男性のあなたしかいないことをよく考えて優しく接してあげてください。

 

妊活に対する一番の天敵はストレスだと思っても過言ではありません。

 

不妊治療をする上で成功の秘訣は、夫婦で仲良く妊活を続けることです。

 

男性妊活サプリメント、マイシード


          このエントリーをはてなブックマークに追加