不妊治療を続けるために会社や仕事との関係性をどうするべきか

          このエントリーをはてなブックマークに追加

妊活ドラマ『隣の家族は青く見える』第5話の見どころ

妊活中の女性:トモコ

(ノ≧▽≦)ノ

「今回のドラマは多くの不妊治療をしている女性にとったら、心の叫びが聞こえたような気がしたな〜」

妊活中の男性:ジロー

(‘・c_・`)ゞ

「予想もしない形で、義理の妹の出産に立ち会った事?」

妊活中の女性:トモコ

(ノ≧▽≦)ノ

「それは人それぞれだろうけど、あのタイミングで身内の出産に立ち会うことで不妊治療が嫌になる女性は少ないと思うけど・・・」

妊活中の男性:ジロー

(‘・c_・`)ゞ

「それは言えてるかもしれないね」

妊活中の女性:トモコ

(ノ≧▽≦)ノ

「でも、私が言いたいところはそこじゃないよ」

妊活中の男性:ジロー

(‘・c_・`)ゞ

「え! 違うの? じゃあ、どこが心の叫びなの?」

女性にとって仕事と不妊治療を両立する難しさ

 

夫婦で積極的に協力しあって不妊治療をしていれば、妊活に対して何も問題はないかと言えばそうとは限りません。

 

特に、会社との兼ね合いは非常に大切になってきます。

 

女性の排卵日は妊活にとって非常に重要な日になります。

 

主人公の深田恭子は自分の排卵日に合わせて、慌てて会社のシフトの変更を依頼します。

 

人工授精のため産婦人科に行くためです。

 

このシーンはきっと多くの仕事をしながらも、不妊治療に取り組む女性にとったら共感できたのではないでしょうか?

 

 

仕事をしている女性と専業主婦の不妊治療の取り組み方の違い

 

仕事をしている女性に比べ、専業主婦は時間に余裕があると思います。

 

あとは、男性の精子を採るタイミングさえ合わせれば、特に問題ないように感じます。

 

しかし、不妊治療を続けるためにはお金がかかります。

 

そのため、不妊治療を続けている多くの女性が、
不妊治療をするために、仕事をしてお金を稼がないといけない」
しかし、
不妊治療をするために、仕事を休んで通院しないといけない」
このジレンマに悩まされてしまいます。

不妊治療をどこまでの人に伝えておくべきか?

 

夫婦で不妊治療をしていることをどこまでの人に伝えているか夫婦によって違います。

 

  • 誰にも伝えない
  • 妻の親には伝える
  • 夫の親には伝える
  • 夫婦の親には伝える
  • 友人には伝える
  • 会社の人には伝える

 

どうしてもプライベートな問題なので、誰にも伝えない夫婦も多くいます。

 

親族に伝える場合はそれぞれの家族関係によって違ってくるでしょう。

 

【伝えるべきか?】それとも【伝えないべきか?】
この2つの選択肢のどちらを選ぶかで、悩むのは会社の同僚に対してです。

 

もし、会社の同僚に伝える場合は2つのケースが考えられます。

 

 

友人である会社の同僚だけに不妊治療のことを伝えておく

 

とりあえず、友人だけに伝える人もいますが、その友人が会社の同僚なのかもしれません。

 

この場合は、仕事上のつながりというより不妊治療をしている自分の気持ち聞いて相談できる相手がほしいと思っている状態だと思います。

 

しかし、会社の同僚に伝える場合はもう1つのケースが考えられます。

 

 

仕事の都合上、会社の同僚に不妊治療のことを伝えておく

 

今回のドラマの冒頭シーンであったように、女性は自分の排卵日に合わせて仕事を急に休まないといけなくなる時があります。

 

その様な時、会社の同僚たちに事前に不妊治療をしていると伝えておくことで、無理な休みも周囲の人から理解されやすくなるでしょう。

 

普通、何度も休みを急に申請すると、
「どうして、毎回そんな急に言ってくるの?」
などと、会社としては不満を言いたくなるのも当然でしょう。

 

しかし、それが不妊治療のためと伝えておけば納得してくれる人はいると思います。

 

特に、同じ女性ならなおさら排卵日を事前に確実に知ることの難しさは理解してくれるはずです。

 

プライベートなことなので話しにくいことかもしれませんが、不妊治療をすることがもっと世間一般的になり隠すことでもないようになればいいのかもしれません。

「妊娠できないんじゃない。まだ、妊娠していないだけ」

 

今回のドラマの最後のシーンで深田恭子が松山ケンイチに行った台詞は大事な考え方かもしれません。

 

「妊娠できないんじゃない。まだ、妊娠していないだけ」

 

妊活をすると、他人の言動に過剰なまでにいろいろ気にしてしまいがちです。

 

しかし、何の苦労もなく出産することが当たり前と思うのではなく、苦労して出産できたほうがきっと赤ちゃんに対しての愛情も深くなるのではないのでしょうか?

隣の家族は青く見える, FOD

          このエントリーをはてなブックマークに追加