ある意味、一番恥ずかしい男性不妊の診察は視診と触診

          このエントリーをはてなブックマークに追加

男性不妊のため視診・触診を恥ずかしがる必要はありません

妊活中の女性:トモコ

(ノ≧▽≦)ノ

「男性が一番不妊の診察で恥ずかしいのは精液検査なの?」

妊活中の男性:ジロー

(‘・c_・`)ゞ

「産婦人科で男性不妊の診察を受けた人はそうだろうけど、泌尿器科で受けた人は視診や触診じゃないかな」

妊活中の女性:トモコ

(ノ≧▽≦)ノ

「うわ〜、確かにそれは恥ずかしいだろうね」

妊活中の男性:ジロー

(‘・c_・`)ゞ

「女性と比べると、男性はほとんどが一回で済むからいいんだけどね」

妊活中の女性:トモコ

(ノ≧▽≦)ノ

「だって、女性は視診や触診を恥ずかしがっていたら、出産さえもできないもん」

妊活中の男性:ジロー

(‘・c_・`)ゞ

「確かにそうだよね」

男性不妊の視診・触診 【外見】

男性の顎ヒゲ

 

男性不妊を診断する場合、まず始めに医者が視診する外見は『顔』と言われています。

 

「顔に男性不妊の症状が現れるの!?」

 

などと、ビックリする男性もいるでしょうが、ヒゲの濃さで男性ホルモンの分泌がわかるからです。

 

他には『女性化乳房』『体毛の量』によってもホルモン分泌異常の判断基準になります。

 

意外に思われる人にいるでしょうが『身長』も男性不妊の判断基準になります。

 

低身長の場合はホルモン分泌異常やY染色体に欠損があったりします。


男性不妊の視診・触診 【陰嚢・陰茎】

ダイエットに成功した男性の腰回り

 

陰嚢の中には『精巣・精巣上体・精管・精索の動静脈・リンパ管』があるため非常に重要な診断する部分になります。

 

基本的に、下着を脱いでもらいベッドに横向きになって触診します。

 

精巣は寒いと縮んで正確な診断ができないため、暖房がきいた部屋で温かい手で行います。

 

男性にとって一番恥ずかしいかもしれませんが、医者としては見慣れているので恥ずかしがる必要はありません。

 

 

特に、チェックするのは『精索静脈瘤』

 

男性が抱える不妊の原因は70%が原因不明と言われています。

 

しかし、原因がわかる男性不妊で一番多いのが『精索静脈瘤』です。

 

『精索静脈瘤』は3段階のグレードに分類されており、目で見てわかる場合は一番高いグレード3になります。

 

 

視診や触診でわかる男性不妊

 

 

以上のような男性不妊の可能性がわかります。


男性, 妊活, 不妊, 視診, 触診

          このエントリーをはてなブックマークに追加