男性の精子と女性の子宮頸管粘液の相性を診るヒューナーテスト(フーナーテスト)

          このエントリーをはてなブックマークに追加

男性にも女性にも不妊の原因が見当たらない時はヒューナーテスト(フーナーテスト)

妊活中の女性:トモコ

(ノ≧▽≦)ノ

「男性にも女性にも原因がないのに妊娠できない場合もあるんだね」

妊活中の男性:ジロー

(‘・c_・`)ゞ

「そんな時は、少しでも早くヒューナーテストを受けてほしいね」

妊活中の女性:トモコ

(ノ≧▽≦)ノ

「くれぐれも、これでお互いの性格の相性などと一緒にしてほしくないよね」

妊活中の男性:ジロー

(‘・c_・`)ゞ

「そうだよね、これが原因で夫婦仲が悪くなったら妊活どころじゃなくなるからね」

夫婦そろって不妊の問題がわからない場合はヒューナーテスト(フーナーテスト)

妊活について悩む夫婦

 

妊活にしても不妊治療にしてもほとんどの場合が女性から始まります。

 

それでも、女性の不妊の原因が見つからなかったり、妊娠の気配がなかったりする場合は男性の精液検査などを行う夫婦が多いようです。

 

しかし、男性の精液検査や男性不妊症の原因を泌尿器科で診てもらっても、何も異常が見当たらない場合がまれにあります。

 

 

夫婦そろって不妊の原因がみつからない不妊症

 

男性不妊症を専門とする泌尿器科に診察に来られる男性で、まったく不妊の問題が見当たらない男性が時々います。

 

問診の際に、恥ずかしくて射精障害EDを隠していることも考えられますが、原因はそれだけではありません。

 

実は、男性と女性の相性が原因で妊娠できないことがあるのです。


男性の精子と女性の子宮頸管粘液の相性によっては妊娠できない

不妊について考える夫婦

 

子宮頸管粘液とは一般的によくおりものと言われます。

 

女性が排卵した直後は男性の精子を受け入れやすくするため、糸を引くくらいの粘度が高いおりものを分泌させます。

 

本来なら、精子を守るおりもののはずなのですが、この相性が悪いために妊娠しない場合があります。

 

 

精子にとって最初の難関は子宮頸管部

 

精子は子宮頸管部から卵管までの距離 6 〜 8cm を通過しないといけません。

 

おりものは女性の子宮頸管部にありますが、精子との相性が悪いと精子は卵管にまでたどり着くことなく死んでしまいます。


ヒューナーテスト(フーナーテスト)とはどんな検査なの?

生殖補助医療技術

 

ヒューナーテストフーナーテストとも言ったりします。

 

アルファベットで表記すると「Hühner Test」となり、あまり馴染みがない単語です。
それもそのはず「Hühner」とはドイツ語で「鶏」の複数形の意味があります。

 

他にもある呼び方としては、性交後試験「Postcoital Test (PCT)」とも言いますし。
英語では「Sims Test」「Sims-Huhner Test」と表現します。

 

 

ヒューナーテスト(フーナーテスト)の検査方法

 

検査方法は非常に簡単です

 

女性の排卵日周辺にセックスをしてもらい、12時間以内に病院でおりものを採取してどれだけ運動している精子が顕微鏡で見つけられるか調べるだけです。

 

1回のヒューナーテストで良くなかったとしても女性の体調などにも影響されるので、2回ヒューナーテストを行う場合もある。


ヒューナーテスト(フーナーテスト)の結果が良くなかった場合の不妊治療

基礎体温を計る女性

 

もし、2回続けてヒューナーテストの結果が良くなかった場合は残念ながら「精子と子宮頸管粘液の相性」が悪いために妊娠ができないことになります。

 

しかし、ここで一番勘違いしてないでほしいのは「精子と子宮頸管粘液の相性」と「男性と女性の性格などの相性」はまったく関係がありません。

 

男性にも女性にも異常がなく、早く子供を授かりたい場合は次の不妊治療を早目にするが大切となってきます。

 

ヒューナーテスト(フーナーテスト)の結果が良くなくても人工授精で妊娠できる

 

人工授精は子宮頸管部をバイパスして子宮内腔に直接精子を送ることができるので、妊娠できる可能性があります。


男性妊活サプリメント、マイシード

          このエントリーをはてなブックマークに追加