男性にとって不妊治療の顕微授精とは?

          このエントリーをはてなブックマークに追加

顕微授精という不妊治療

妊活中の女性:トモコ

(ノ≧▽≦)ノ

「妊活を始めて不妊治療について勉強すると、近代の生殖技術はドンドン進化してるよね」

妊活中の男性:ジロー

(‘・c_・`)ゞ

「例えば?」

妊活中の女性:トモコ

(ノ≧▽≦)ノ

「受精まで人工的にやる顕微授精には驚かされたからね」

妊活中の男性:ジロー

(‘・c_・`)ゞ

「時々、テレビで放送されるやつね」

妊活中の女性:トモコ

(ノ≧▽≦)ノ

「あんな、小さいのをよく人間の手で操作できるなんてどれほど器用な人だろうと思って感心するよ」

妊活中の男性:ジロー

(‘・c_・`)ゞ

「そっちの驚きなの?」

顕微授精ってどんな不妊治療なの?

顕微授精

 

顕微授精の正式名称は『卵細胞質内精子注入法』のことで、別名『ICSI』と言われます。
(Intracytoplasmic Sperm Injection)

 

 

顕微授精における男性と女性の役割分担

 

体外受精の役割分担としてはほとんど女性側だけに負担がかかっていたことに対して、顕微授精は男性にもとってもやることが増える場合が多くなることがある不妊治療と言えます。

 

そのケースは、男性の精子が体外受精では受精しにくいと考えられるからです。

 

顕微授精:ステップ1〜2

 

顕微授精のステップ1からステップ2、つまり女性の卵巣から卵子を取り出すまでは体外受精と同じ方法です。

 

顕微授精:ステップ3

 

男性の精子を取り出す方法ですが、精子をマスターベーションで取り出せるなら問題はありません。

 

しかし、顕微授精不妊治療を受ける場合は男性不妊の原因が『無精子症』などが考えられます。

 

その場合は、男性にもTESEMD-TESEの手術が必要になります。

 

顕微授精:ステップ4

 

体外受精顕微授精で異なる点は精子と卵子の受精する方法が大きく違います。

 

体外受精の場合はシャーレの上で精子と卵子を受精させますが受精する工程は自然任せです。

 

一方、顕微授精は顕微鏡を使って人工的に卵子の中に精子を入れて受精させます。

 

精子の選び方:顕微授精 (ICSI)

 

一般のICSI で使われる顕微鏡は200倍から400倍の倍率で直進運動をしている元気な精子を選んで受精させます。

 

しかし、同じように見えても質が良い精子と質が悪い精子があります。

 

質が悪い精子とは頭部に空胞がある場合です。

 

この空胞が小さいほど質が良い精子と言えます。

 

しかし、ICSIではこの空胞を判断することができません。

 

それを可能にしたのが次の精子の選び方です。

 

精子の選び方:イムジー (IMSI)

 

「IMSI」
(Intracytoplasmic Morphologically Selected Sperm Injection)

 

イムジーによる顕微授精は6,000倍の倍率で精子を探し出すことができるため、精子の頭部にある空胞を発見することができます。

 

これはまだ始まったばかりの不妊治療ですが、ICSIに比べるといい結果を出しています。

 

 

精子の注入方法:c-ICSI

 

今までの、精子を卵子の中に注入させる方法は専用の針を使って卵細胞質内に注入していました。

 

  1. 卵子の透明帯を押し破る
  2. 卵細胞質膜は吸引して穴を開けて破壊して精子を注入する

 

この時、どうしても卵子にダメージを与えてしまいます。

 

それを解消したのが次の精子の注入方法です。

 

精子の注入方法:Piezo-ICSI

 

一方、Piezo-ICSI の方法は卵子にダメージを与えることを減らすことができるため、顕微授精で卵子が変形してしまうことが多い場合は有効と言われています。

 

  1. 微弱な振動を与え卵細胞質が変形しないように透明帯に穴をあける
  2. 卵細胞質膜を吸引することなく精子を注入する

 

顕微授精:ステップ5

 

顕微授精のステップ5は体外受精と同じ方法で女性の子宮内に移植します。


どのような不妊症の夫婦が顕微授精するの?

妊活を頑張る夫婦

 

上ですでに触れたように、体外受精顕微授精の一番の違いは精子と卵子を受精させる方法が違います。

 

体外受精に使われる精子は自らの力で受精できる元気があります。

 

しかし、顕微授精で使われる精子は自らの力では受精できない場合がほとんどです。

 

そのため、男性の精巣の中に精子はあるがかなり弱っている精子の男性不妊症の場合は顕微授精となります。

 

また、男性不妊症の症状によって精子を取り出す方法も違います。

 

逆流性射精』の男性不妊の場合は膀胱から取り出します。

 

『無精子症』の男性不妊の場合はTESEやMD-TESEの手術を行って精巣から精子を探し出します。


顕微授精の理想と現実

プレートで培養する受精卵

 

体外受精に比べると顕微授精は精子の状態が非常に重要となる不妊治療と言えます。

 

もちろん、精子と卵子が受精したとしても女性の年齢でその後の確率は変わってきます。

 

 

顕微授精にかかる費用

 

クリニックなど施設によってかかる費用は違いますが、体外受精に比べて顕微授精が高いのはまず間違いありません。


男性, 妊活, 不妊, 不妊治療, 顕微授精

          このエントリーをはてなブックマークに追加