PESA・MESA で精子を取り出すことができる男性はいる

          このエントリーをはてなブックマークに追加

男性の精子を取り出すための手術【PESA・MESA】

妊活中の女性:トモコ

(ノ≧▽≦)ノ

「精巣から精子を取り出すと聞いただけでも、男性にとったら痛そうだよね」

妊活中の男性:ジロー

(‘・c_・`)ゞ

「でも、よく調べたら精巣より精巣上体のほうが痛いんだって」

妊活中の女性:トモコ

(ノ≧▽≦)ノ

「うわ〜、出産の時の痛みとどっちが痛いんだろう?」

妊活中の男性:ジロー

(‘・c_・`)ゞ

「幸いにこの手術は、今となってはあまり行われてないみたいだけどね」

妊活中の女性:トモコ

(ノ≧▽≦)ノ

「それなら、幾分安心だね」

妊活中の男性:ジロー

(‘・c_・`)ゞ

「でも、女性は大変だね。出産の痛みは避けて通れないからね」

PESA・MESAってどんな手術なの?

手術室の扉

 

TESEとは精巣から精子を採取する手術ですが、PESAMESAは精巣上体から精子を採取する手術です。

 

まず、精巣上体の体の役割ですが、精子を元気にための臓器なのです。

 

そのため、精巣で作られる精子の運動率は30%ですが、精巣上体を通った精子の運動率は80%にまで上がります。

 

顕微授精を行う時は、精子の動きを止めるので動いているかは関係ないのですが、非運動精子を扱った場合の成績は悪いので動いている精子をなるべく選ぶようにしています。

 

 

経皮的精巣上体精子採取術 (PESA)

 

経皮的精巣上体精子採取術は別名「PESA」と言います。
(Percutaneous Epididymal Sperm Aspiration)

 

経皮的に針でついて精子を精巣上体から採取する手術です。

 

顕微鏡下経皮的精巣上体精子採取術(MESA)

 

顕微鏡下経皮的精巣上体精子採取術は別名「MESA」と言います。
(Microsurgical Epididymal Sperm Aspiration)

 

陰嚢皮膚を3 〜 5mm程度切開して手術用の顕微鏡を使って確認しながら精巣上体から精子を採取する手術です。


どんな男性不妊患者に PESA・MESA は有効なの?

オペにとりかかる医者

 

閉塞性無精子症】の男性不妊患者に対して PESAMESA の手術は行われます。

 

しかし、注意してほしいのは精路再建術を受ける選択肢を選ばずにこの手術を受けることは止めるべきです。

 

しかも現代ではPESAMESAの手術はほぼ行われていないのが現実です。


PESA・MESA の理想と現実

手術台の乗る患者

 

先程も、このPESAMESAはほとんど実施されていない手術だとお伝えしましたが、以下の理由で行われていません。

 

 

1. PESA・MESA は痛い

 

精巣上体は精巣よりも男性とったらもっとも痛みが強い部分である。

 

2.PESA・MESA は他のものが混じりやすい

 

精巣上体から採取した精子には白血球などの他のものが混ざっていることが多い。

 

3.PESA・MESA は顕微授精の成績が悪い

 

精巣上体から採取した精子は、運動率が高い精子が採取しやすいかもしれないがDNA断片化率が圧倒的に高いため、結果的に顕微授精しても成績が悪い。


男性, 妊活, 不妊, 無精子症, PESA, MESA

          このエントリーをはてなブックマークに追加