リラックスや不妊治療にもつながる妊活中の男性や女性にとってのアロマの使い方

          このエントリーをはてなブックマークに追加

実は、アロマは女性の妊活だけでなく男性の妊活にも効果的だった!

妊活中の女性:トモコ

(ノ≧▽≦)ノ

「最近は産婦人科にアロマセラピストが増えてるって知ってた?」

妊活中の男性:ジロー

(‘・c_・`)ゞ

「え!? エステとかならわかるけど、産婦人科にどうして?」

妊活中の女性:トモコ

(ノ≧▽≦)ノ

「実は、妊活中・妊娠中・産後とアロマは効果的なんだって」

妊活中の男性:ジロー

(‘・c_・`)ゞ

「へ〜、そんなの初耳だよ」

妊活中の女性:トモコ

(ノ≧▽≦)ノ

「男性不妊にも効果あるらしいよ」

妊活中の男性:ジロー

(‘・c_・`)ゞ

「それじゃ、今度試してみる?」

妊活中の女性:トモコ

(ノ≧▽≦)ノ

「でも、男性不妊に効果があっても女性が妊娠している時は逆効果のアロマもあるから注意が必要だけどね」

最近では、産婦人科がアロマセラピーを導入

妊活とアロマ

 

アロマセラピー』という言葉は今となっては珍しいものではありません。

 

一般的なイメージとしては、エステなどの美容関係の印象をお持ちじゃないですか?

 

しかし、最近ではアロマセラピーを取り入れている産婦人科が増えているそうです。

 

  • 妊活中
  • 妊娠中
  • 産後

 

どの状況の女性でも、一定の効果があると言われています。

 

アロマはあくまで持続して続けることが大事

 

アロマセラピー』は別名『芳香医療』『香料医療』とも呼ばれ、現在の医療現場でも使われ始めていますが、補完として代替医療の1つとして考えられています。

 

一般的な薬と違って即効性は期待することはできませんが、副作用といった体に負担をかけるリスクも抑えることができます。
妊活中に積極的に取り入れる産婦人科が増えているのもそのためかもしれません。

 

妊活中にアロマを取り入れることは、不妊治療の効果だけではありません。
一番の効果は精神的なストレス緩和と言えるでしょう。

 


男性不妊に効果的なアロマとは?

アロマでストレス解消

 

アロマは女性だけの趣味でしょ?」
と、思っている男性は多いと思います。

 

確かに、男女の比率で言うと女性が多いのは間違いないでしょう。
しかし、アロマは男性の妊活にも一定の効果があると言われています。

 

アロマを夫婦で一緒に楽しむことによって、夫婦の共通の趣味が楽しめることが何よりの効果ではないでしょうか?

 

 

1.男性不妊と女性不妊に効果が期待できるアロマ

 

こちらで紹介するアロマ精油は、男性でも女性でも不妊治療中は問題なく扱えるアロマです。

 

お互いに気に入ったアロマなら試してみるといいでしょう。

 

a.イランイラン
【男性不妊への効果】
精力を高め、心身をリラックスさせる効果
【女性不妊への効果】
低下した女性ホルモン分泌を促しバランスを整える効果

 

b.ローズ
【男性不妊への効果】
精液量を増やし、かつED解消の効果
【女性不妊への効果】
月経不順、月経痛、PMS (月経前症候群) などの症状改善の効果

 

 

2.男性不妊に効果を期待できるアロマ

 

こちらで紹介するアロマ精油は、男性不妊にのみ効果が期待できるアロマ精油です。

 

a.ローズウッド
【男性不妊への効果】
精巣の働きを活発にし、ストレス緩和の効果

 

b.サンダルウッド
【男性不妊への効果】
血行を促進し、精力を高める効果

 

 

3.男性不妊に効果を期待できるが、女性が妊娠中は控えたいアロマ

 

こちらで紹介するアロマ精油は、男性の不妊には効果が期待できますが、女性が妊娠した場合は使用を控えたいアロマ精油です

 

a.ジャスミン
【男性不妊への効果】
精子の量を増やし精力を増強する効果
ストレスを緩和の効果
【妊娠中の女性への影響】
子宮の収縮させ、分娩を促す効果

 

b.サイプレス
【男性不妊への効果】
精巣の機能を正常化する働きを促す効果
【妊娠中の女性への影響】
子宮の収縮させ、分娩を促す効果
生理を促し、生理不順を解消する効果

妊活中の女性がアロマを使う場合の注意点

男性の妊活にも効果があるアロマ

 

上でも少し触れたように、
【女性不妊に効果が期待できるアロマ
【妊娠している時の女性は控えたほうがいいアロマ
を紹介しましたが他にもまだ以下のようなアロマ精油があります。

 

 

1.女性不妊に効果が期待できるアロマ

 

a.ゼラニウム
【女性不妊への効果】
ホルモン分泌の調整作用の効果

 

b.クラリセージ
【女性不妊への効果】
子宮収縮の痛みや精神的なイライラを緩和する効果
※ただし、通経作用があるため、受精前後から妊娠初期は控えたほうがいいでしょう。

 

 

2.妊娠中の女性は使用を控えたいアロマ

 

a.通経作用のあるアロマ
≪生理不順を解消しますが、妊娠中の生理を促してしまいます≫
・クラリセージ
・サイプレス
・ラベンダー
・ローズマリー
・カモミール

 

b.ホルモンバランスに働きかけるアロマ
≪女性ホルモンと似た効果を持っています≫
・フェンネル
・セージ

 

c.子宮収縮を促すアロマ
≪子宮の収縮させ、分娩を促してしまいます≫
・ジャスミン
・クローブ

男性, 妊活, 不妊, アロマ, アロマセラピー, 精油

          このエントリーをはてなブックマークに追加