男性妊活でNGな肥満防止のダイエット:自転車通勤

          このエントリーをはてなブックマークに追加

男性妊活の一環としてのダイエットでも自転車通勤は絶対にダメ

妊活中の女性:トモコ

(ノ≧▽≦)ノ

「最近、都会でも自転車通勤している人多いよね」

妊活中の男性:ジロー

(‘・c_・`)ゞ

「そうだね。健康的で、なおかつ経済的にも助かるから一石二鳥だもんね」

妊活中の女性:トモコ

(ノ≧▽≦)ノ

「それで、妊活にも効果的なら一石三鳥なんだけどね・・・」

妊活中の男性:ジロー

(‘・c_・`)ゞ

「そうなんだよね。妊活のためにダイエットするのはいいけど、自転車通勤は逆に男性不妊を進行させる恐れがあるからね」

いくらダイエットのためでも、妊活男性は自転車通勤はNG

妊活と自転車ダイエット

 

男性が医者に不妊の診断をしに行くと、まず健康的な体を求められます。

 

健康的な生活習慣を身につければ男性の精子は女性の卵子と違って、精子は毎日絶えず新しいものが作られるので比較的、効果は現れやすいでしょう。

 

  1. 喫煙している人は禁煙
  2. 毎晩晩酌している人はお酒を控える
  3. BMIが 30 以上ある人はダイエット

 

禁煙や禁酒は本人のしっかりした意思があればすぐにできます。
しかし、ダイエットは少し違います。

 

禁煙や禁酒と同じように始めることはすぐにできますが、ダイエットの効果が現れるまでには数ヶ月かかってしまいます。
健康的な食事はもちろんですが、適度な運動も欠かすことはできません。

 

しかし、毎日仕事が忙しい日本の男性にとって、なかなか運動のために時間を割くのも難しいところです。
だからと言って、明日から自転車通勤を始めようなんて思ってはダメですよ!


どうして男性の妊活にとって自転車通勤はいけないの?

妊活男性は自転車禁止

 

確かに、毎日自転車通勤することで、

 

  1. ダイエット
  2. 時間の節約
  3. 交通費

 

などと、嬉しい事ばかりかもしれませんが、妊活が必要ない男性ならドンドン自転車通勤しても問題ありません。
しかし、不妊で悩み妊活中の男性は決して自転車通勤はしてはいけません。

 

一体、なぜでしょうか?

 

「交通事故に遭うかもしれないから?」

 

なんて、ことじゃないんです。

 

実は長時間、自転車に乗っていることで、EDになるリスクが高くなることがわかっています。

 

 

長時間の自転車運転は股間の血流を悪くする

 

自転車に乗っている時、前傾姿勢になればなるほど自転車のサドル部分がペニスの付け根と肛門の間である会陰に接触することで、血流が悪くなりペニスへの血管を傷つける恐れがあります。

 

 

精子の運動率も低下させる

 

長時間の自転車を運転すると、会陰部分を刺激してしまい前立腺の炎症を引き起こすリスクを高めます。

 

この前立腺の炎症か結果的に、精液中に白血球が混ざってしまい精子の運動率の低下へとつながります

 

なぜ、精子の運動率の低下へとつながるかと言うと、白血球は強力な酸化作用を持つ活性酸素を含んでいるからです。

 

この活性酸素は精子にとっては、決していい働きを与えてくれることはありません。


妊活すると、もう自転車に乗ってはいけないの?

妊活男性はのサドルの選び方

 

男性妊活と自転車の注意点としてのポイントは次の3つがあります。

 

前傾姿勢】【長時間】【日常的

 

何も、今後一切自転車に乗ってはいけないわけではありません。

 

休みの日にママチャリに乗って近所に買い物に行くとか、たまには気晴らしにサイクリングに出かけるくらいの自転車の運転なら問題ありません。

 

注意してほしい自転車の乗り方は、
「スピードがでるスポーツタイプのロードレーサーにまたがり前傾姿勢で、往復1時間もの長時間、毎日の通勤で日常的に自転車に乗る」
この様な自転車の運転が妊活にはいけないのです。

 

 

どうしても、自転車通勤を止めることができないあなたは以下のことに注意してください

 

ここで「妊活中の男性は自転車通勤禁止」と言っても、止めることが難しい人もいるかもしれません。

 

もしそのような境遇なのであれば以下の点に注意してください。

 

  • 時々、サドルから腰を浮かせて血流をよくする
  • 先の尖ったような会陰部分を圧迫するサドルを交換する

 

妊活中の男性は以下のようなサドルを選んでください。

 

  • 幅があるサドル
  • 溝や穴が空いたサドル
  • ジェルが入ったサドル

 

これらを実践すれば、あなたの股間の血流もカバーできます。


男性, 不妊, 妊活, ダイエット, 自転車, 肥満

妊活のために始める肥満防止のために運動してダイエットは必須
【記事一覧】

筋肉質の男性は見た目は男らしい姿をしているので、不妊とは無縁と思うかもしれません。しかし、その体を手に入れるために激しい運動をして活性酸素を生み出し、ステロイドを使っていると不妊の原因にもなります。

          このエントリーをはてなブックマークに追加