妊活中の男性は精液検査のため採精して精子をチェックしておきましょう

          このエントリーをはてなブックマークに追加

男性不妊治療の精液検査ってどういう検査なの?

妊活中の女性:トモコ

(ノ≧▽≦)ノ

「男性の一番いやがる妊活って何だと思う?」

妊活中の男性:ジロー

(‘・c_・`)ゞ

「そうだな〜、意外と精液検査かもしれないね」

妊活中の女性:トモコ

(ノ≧▽≦)ノ

「別に、痛くもかゆくもないのに?」

妊活中の男性:ジロー

(‘・c_・`)ゞ

「恥ずかしいって思う男性は多いからね」

妊活中の女性:トモコ

(ノ≧▽≦)ノ

「でも、女性はもっと恥ずかしい思いをしていることをわかってほしいな」

妊活中の男性:ジロー

(‘・c_・`)ゞ

「そうだよね、女性は恥ずかしいなんて言ってられないからね」

不妊治療のため男性がする精液検査とは?

精液検査の紙コップ

 

奥さんから旦那さんに不妊治療のために産婦人科に一緒に来てもらうようにお願いするのにためらう女性が意外に多くいらっしゃいます。

 

その一番の理由として、男性にとって採精して精液検査をすることになるからと言ってもいいかもしれません。

 

妊活している多くの女性がこのたった1つのお願いを男性にすることがどんなに勇気いることなのか、多くの妊活中の男性に知っていただきたいと思います。

 

この記事を読んでいる男性は、もちろん精液検査となるとどのような方法で採精するのか想像できるはずです。

 

 

男性はマスターベーションで採精

 

当たり前と言えばそれまでですが、あくまで自分でマスターベーションして採精しなければいけません。

 

キレイな看護師さんが優しく手伝ってくれるなんてことは絶対にないので、変な期待をしないようにしておきましょう。

 

クリニックによっては「採精室」というものが用意されているようですが、あまりにも露骨な名前なので「メンズルーム」という名称が一般的のようです。

 

昔は男性用のトイレで採精することが普通だったようで、それに比べればかなり環境はよくなったと思います。

 

だって想像してみてください、代わる代わる入ってくる人気を気にしながらトイレの片隅でマスターベーションをしないといけない状態を・・・。

 

多くの男性が、
「出るものも出ないよ・・・」
と悩まれたに違いありません。

 

マスターベーションのおかずは自分で持参した方がいい

 

男性にとっては、想像でマスターベーションできるという人もいるかもしれませんが、あくまで少数派です。

 

普通、何か性的な刺激を得るためになにかのおかずが必要となります。

 

採精室やメンズルームの中にはエロ本やAVのDVDが用意されていることが一般的です。

 

しかし、全ての男性の性的嗜好をそろえているわけではないので、ご自身で何か準備していった方がよさそうです。

 

一番の悩みどころは採精にかける時間

 

これは、多くの男性が悩むところです。

 

クリニック側から「10分以内にお願いします」などと、時間制限を設けられるわけではないと思います。

 

しかし、部屋に入って5分で終わるからと言っても早すぎですし、だからと言って1時間はかかりすぎです。

 

多くの男性は採精が早く終わろうと20分後に部屋を出るなどと、初めから時間を設定しているみたいです。

 

もっとも一番の問題は、いつもやっていることとはいえ、環境が違うことでマスターベーションによって採精できるかが一番の問題なのですが・・・。

 

 

自宅に帰って採精する

 

クリニックではどうしても緊張する男性は自宅で採精して、クリニックに持って行くこともできます。

 

ですが、これはあくまで家がクリニックに近い事が前提となり、目安となる距離は1時間以内の距離です。

 

この場合に注意しないといけないことは「採精した後の精液の保管の仕方」です。

 

精子に適切な温度は人肌なので、タオルにくるむなどして持参する必要があります。

 

持参するのが男性でもかまいませんが、奥さんに渡すにしても奥さんの意識を感じながら、マスターベーションをするのもまた微妙な感じです。

 

そういうことならいっそのこと、クリニックで受けた方が同じ仲間の男性もいるでしょうし気楽になるのではないでしょうか?

 

もっとも、精液検査は鮮度が大切になるので、可能であればクリック内で受ける方が尚更いいでしょう。


採精した後、どのように精液検査されるの?

精子を電子顕微鏡で見る

 

一般的に精液検査には『マクラーチャンバー』という器械が使われます。

 

手順としては以下のような工程になります。

 

  1. クラーチャンバーの中に1滴の精液(約5マイクロリットル)落とる
  2. 幅0.1ミリメートルで10×10の正方形のマス目のカバーグラスをかける
  3. 200倍に拡大した顕微鏡で、1列(10マス)の精子の数を数える
  4. 数列の平均を求め、10の6乗をかける

 

ここで注意してほしいことは、何もあなたの精液すべてが検査されるわけではないということです。

 

 

たった1回の精液検査はあてにならない!

 

以上のような方法で精液検査がされるため、1回では正確な結果は得られないと思っていただいて問題ありません。

 

もっとも、精子の数が多い場合は問題ないでしょうが、少ないからといっても気を落とす必要はありません。

 

自然妊娠を希望する場合は、4千万 (40,000,000) /ml 以上が望ましいといわれますが、【乏精子症】と診断される場合は1千5 百万(15,000,000) /ml 以下です。

 

例えば、サンプルの精子の数が少し違うだけで誤差が生まれやすくなります。

 

・サンプルの精子が14の場合
14 × 1,000,000 = 14,000,000/ml
【乏精子症】と診断される。

 

・サンプルの精子が17の場合
17 × 1,000,000 = 17,000,000/ml
正常範囲となる。

 

たった、これだけの差ですが男性からしてみれば【乏精子症】と言われた時の精神的ショックは計り知れません。

 

 

機械で自動カウントに要注意

 

人間の目視で数を数えるから信用できないのであれば、機械で精子を自動カウントすれば問題ないかと言っても、そうとは限りません。

 

むしろ、機械だと精子と異物との区別がつかないケースもあるので、目視と違う結果になることも珍しくありません。


男性の精子はストレスなどメンタル面に左右されやすい

精液検査に悩む男性

 

これは多くの妊活している男性に知っておいてほしいことです。

 

男性の精子の質は非常にメンタル面が左右されやすくなるため、ストレスがない状態であることが非常に重要です。

 

1回の精液検査の結果が悪かったり、ましてや【乏精子症】と言われたりしても2回3回再検査することで、正常な結果だったりすることは珍しくありません。

 

日々の仕事でストレスを感じていた男性が、上司が代わっただけで精子の質がよくなる場合もあります。

 

 

出勤前の採精は要注意

 

もし、男性のあなたが奥さんに
「病院であなたの精液検査してもらうからお願い」
などと、出勤前に言われ精液の入れ物を渡されたらどうしますか?

 

精子は鮮度が重要なので、夜のうちにマスターベーションするわけにはいきません。

 

そのため、自動的に出勤前になるのはしょうがありません。

 

日頃、奥さんから目を盗んで多くの男性が夜にマスターベーションしても、出勤前に急いでする男性はなかなかいないと思います。

 

もちろん、忙しい朝なので気持ち的にもリラックスしていないので、精子の状態も悪くなってしまうのは珍しくありません。

 

統計的にも、会社帰りにクリニックに寄ってもらった方が精液検査の結果はいいと言われています。


男性の精子の曲がり角は35歳!?

精液検査とストレスの因果関係

 

この現実を知って、意外とショックを受けた男性は多いのではないでしょうか?

 

この男性35歳という年齢の根拠は「精子の外見」ではなく、妊娠させる力である「精子妊孕力にんようりょく」によってはじき出されています。

 

 

『精液検査』より進化した『精子機能検査』

 

『精液検査』ではあくまで「精子の外見」までしかわかりません。
つまり、精子の数(濃度)・運動率・正常形態率です。

 

しかし『精子機能検査』では「精子の妊孕力」がわかります。

 

『精子機能検査』はマウスを使って検査するため、別名「MOAT (Mouse Oocyte Activation Test)」とも言われます。

 

現在では獨協医科大学によって越谷病院の泌尿器科で進められている最先端ともいえる検査です。


男性精液検査

          このエントリーをはてなブックマークに追加

男性不妊治療の精液検査ってどういう検査なの?記事一覧

妊活中の女性:トモコ(ノ≧▽≦)ノ「男性って思ったより繊細なんだね?」妊活中の男性:ジロー(‘・c_・`)ゞ「どうして?...