事前に夫婦で不妊治療をやめる事を考えておく大切さ

          このエントリーをはてなブックマークに追加

男性が不妊治療をやめるということ

妊活中の女性:トモコ

(ノ≧▽≦)ノ

「妊活を始めるからにはいつか必ず、終わりはくるんだけど、みんな嬉しい形でやめれたらいいのにね」

妊活中の男性:ジロー

(‘・c_・`)ゞ

「そうだね、不妊治療をすることですべての夫婦が必ず子供を授かることができると約束されたわけじゃないからね」

妊活中の女性:トモコ

(ノ≧▽≦)ノ

「そんなことを考えると、何を思って妊活や不妊治療をすればいいのか考えてしまうね」

妊活中の男性:ジロー

(‘・c_・`)ゞ

「そうだね、期待通りの終わり方に執着するのではなく、2人で納得のいく終わり方にしないといけないのは間違いないだろうね」

男性が不妊治療をやめるということ

男性, 妊活, 不妊, 不妊治療

 

何事も始めるからには必ず終わりがきます。

 

不妊治療だっていつかは、必ず終わりがきます。

 

不妊治療を始める時の男性の気持ちはみなさん同じです。
「子供がほしい」

 

しかし、不妊治療をやめる時はみなさん同じとは言えません。

 

 

子供を授かることができたので不妊治療をやめる

 

この場合は夫婦で妊活を初めて念願の子供を授かることができたので、何も問題はない不妊治療のやめ方ではないでしょうか?

 

 

子供を授かることができなかったので不妊治療をやめる

 

このように子供を授かることができないという、残念な不妊治療の結果になった夫婦も決して少なくありません。

 

いくら、人工授精体外受精顕微授精と不妊医療が進化してきてもすべての夫婦が子供を授かることはできません。


男性が不妊治療をやめた先にある将来とは?

男性, 妊活, 不妊, 不妊治療

 

男性が不妊治療をやめた先の未来には3つの選択肢があります。

 

  1. 子供を持たないで2人で生きていく
  2. 養子を引き取る
  3. 非配偶者間人工授精 (AID)

 

 

1.子供を持たないで2人で生きていく

 

今は子供を持たず夫婦2人の時間を大切にして生きていく夫婦も珍しくありません。

 

社会経済的に考えると
「結婚したら子供を産まないといけない」
などの意見は決して間違えではありませんが、それを他人に強制していいものでもありません。

 

それぞれ夫婦の価値観があれば様々な夫婦の形があってもいいと思います。

 

 

2.養子を引き取る

 

日本では養子を自分の子供として引き取り里親として育てる制度があります。

 

普通養子縁組

 

戸籍上は『養子』『養女』として記載される一般的な養子縁組です

 

特別養子縁組

 

戸籍上は『長男』『長女』として記載されます。

 

引き取る子供の年齢は6歳未満、夫婦の年齢は25歳以上など他にも様々な制約がある特別な養子縁組です。

 

養子を引き取るということ

 

養子を引き取り里親にあることで、正式に戸籍に入れることもできますので『子育て』や『跡取り』という感覚で言えば子供を持つことはできます。

 

しかし、それはあくまで「自分たちの遺伝子をもっていない子供」であることは間違いありません。

 

欧米諸国に比べると、日本人は『血統』や『遺伝子』などは無意識レベルで意識する民族だと言えるため、その喪失感はかなりこたえるものがあります。

 

 

3.非配偶者間人工授精 (AID)

 

これまで「男性が不妊治療をやめた場合」ということで、男性だけに焦点を当てていますが、日本の制度からすれば女性の不妊治療は続けることは可能です。

 

それがAID (Artificial Insemination by Donor) であり、配偶者とは違うドナーである男性の精子を使って人工授精することです。

 

世界では精子バンクなどもありますが、それはあくまで商業目的です。

 

しかし、日本の場合は商業目的でないことが海外の精子バンクとの大きな違いです。

 

産まれてくる子供のことを考えたり夫婦のこれからのことを考えたりすると、すぐに答えをだすことはできないと思いますが選択肢があることは事実です。

 

現在の傾向としては、顕微授精で精子を回収できなかった約半数の夫婦が紹介状を希望されるそうです。

 

しかも、このAID に積極的になるのは男性ではなく女性のほうで、どうしても産みたいという気持ちを持つのは女性の本能なのかもしれません。


男性, 妊活, 不妊, 不妊治療

          このエントリーをはてなブックマークに追加

男性が不妊治療をやめるということ記事一覧

妊活中の女性:トモコ(ノ≧▽≦)ノ「AIDで産まれてきた子供たちってどんなタイミングでその真実を知るんだろうね」妊活中の...