妊活中の男性に必要なビタミンEってどんな栄養素なの?

          このエントリーをはてなブックマークに追加

男性妊活に必要なサプリメントの栄養素【ビタミンE】

妊活中の女性:トモコ

(ノ≧▽≦)ノ

「ビタミンといえばビタミンCをイメージしがちだけど、色々種類があって複雑だよね」

妊活中の男性:ジロー

(‘・c_・`)ゞ

「大きくわけると、脂溶性ビタミンと水溶性ビタミンに分かれるみたいだけど、覚えるのも大変だよね」

妊活中の女性:トモコ

(ノ≧▽≦)ノ

「妊活初めて、いろいろ栄養素のことを勉強したけど、それまでビタミンEって気にしたことなかったもん」

妊活中の男性:ジロー

(‘・c_・`)ゞ

「けっこう、そういう人多いんじゃないかな〜」

栄養素 【ビタミンE】 の効果、効能

男性, 妊活, 不妊, サプリ, 栄養素, ビタミンE

 

ビタミンE脂溶性ビタミンの一種で、
水に溶けにくいという性質があります。

 

ビタミンEは2種類に分かれており、
トコフェロール」「トコトリエノール」があります。

 

妊活中の夫婦には一番大切なビタミンと言われるくらいです。

 

実は、それは名称の由縁からもわかります。
トコフェロール」は英語で「tocopherol」と書きます。

 

「tocos(子供を産む)」+
「phero(力を与える)」+
「ol(水酸基をもつ化合物の総称)」=
「子供を産ませる」という意味になります。

 

妊活の男性にとっては以下の様な嬉しい作用があります

  • 精子の数の上昇
  • 精子の運動率の改善
  • テストステロンの分泌促進
  • 勃起力の向上

 

何も、ビタミンEの妊活中に嬉しい効果は
男性に限ったことではありません。

 

妊活中の女性にも嬉しい作用があります。

  • ホルモンバランスを整える
  • 子宮や胎盤の働きをよくする
  • 受精卵の着床をよくする
  • 生理不順や生理痛の改善

 

他にも、妊活中に限らずビタミンEは体内で様々な効果が期待できます。

  • 抗酸化作用
  • 生活習慣予防
  • 抗ストレス
  • 血行促進

 

このような効果があることから「若返りのビタミン」などとも呼ばれます。

 

 

成人男性が1日に必要な 【ビタミンE】 の摂取量

 

成人男性(18歳以上)が1日に必要なビタミンEの摂取量

 

約7.0mg

 

アーモンドの粒で換算すると15粒なので、
そこまで摂取することが難しいわけではありません。

 

女性も推奨される摂取量は男性と同じ7.0mgですが、
これらはあくまで必要最低限の量です。

 

過剰摂取量に達しなければ7.0mg以上の
ビタミンEを摂ることで効果を上げることが期待できます。

 

 

【ビタミンE】 を摂取するなら天然

 

ビタミンEには3種類あります。
1.天然ビタミンE(d-α- トコフェロール
2.天然型ビタミンE (酢酸d-α- トコフェロール
3.合成ビタミンE (酢酸dl-α- トコフェロール

 

一番、抗酸化能力が高いのは天然ビタミンEで
一番、抗酸化能力が低いのは合成ビタミンEです。


栄養素 【ビタミンE】 が多く含まれる食品

男性, 妊活, 不妊, サプリ, 栄養素, ビタミンE

 

全般的にビタミンEが多く含まれているのは油です。
そのため、ナッツ系も多く含まれています。

 

他には、野菜や魚介類やお茶などでも摂取できますが、
肉類ではなかなか摂ることは難しいかもしれません。

 

 

【ビタミンE】 が多く含まれる動物性食品

 

【ビタミンE】 が多く含まれる魚介類

 

ウナギのかば焼き 4.9mg
鮎 8.2mg
にじます 5.5mg
オイルサーディーン 8.2mg

 

 

【ビタミンE】 が多く含まれる植物性食品

 

【ビタミンE】 が多く含まれる野菜類

 

西洋かぼちゃ 4.7mg
※日本ではほとんど西洋かぼちゃが流通していますが、
日本かぼちゃは 2.2mgと少し少なめです。

 

モロヘイヤ 6.5mg
大根の葉(ゆで) 4.9mg
赤ピーマン 4.3mg

 

【ビタミンE】 が多く含まれる豆類

 

アーモンド(フライ) 29.4mg
ヘーゼルナッツ (フライ) 17.8mg
落花生 (いり) 10.6mg
ピーナッツバター 4.8mg

 

 

【ビタミンE】 が多く含まれる果物類

 

アボガド 3.3mg

 

【ビタミンE】 が多く含まれるその他食品

 

大さじ1杯12g

 

ひまわり油 4.6mg
べにばな油 3.3mg
とうもろこし油 2.1mg
菜種油 1.8mg
オリーブ油 0.9mg

 

マーガリンとバターを比べると

 

マーガリン 2.3mg
有塩バター 0.2mg

 

マーガリンがビタミンEの量は多いですが、
健康のことを考えるとバターをオススメします。


栄養素 【ビタミンE】 と他の食品の組み合わせ

男性, 妊活, 不妊, サプリ, 栄養素, ビタミンE

 

【ビタミンE】 と組み合わせが悪い飲食物

 

1.鉄分

 

ビタミンEは酸化しやすい性質があるので、
鉄分と一緒に摂取すると酸化してしまいます。

 

  • サプリメントとしてビタミンEと鉄分を摂るなら8時間以上時間を置く
  • ビタミンEが豊富な食材と鉄分が豊富な食材は同時に食べない

 

以上の工夫が必要となります。

 

 

【ビタミンE】 と組み合わせが良い飲食物

 

1. ビタミンA・ビタミンC

 

どちらも、抗酸化作用を持ちますが、
一緒にビタミンEと摂取することで、
抗酸化作用の作用が高まることが期待できます。

 

更に、血液をサラサラにしてくれることで、
動脈硬化予防にもつながります。

 

2.油

 

もともと、油にビタミンEは豊富に含まれていますが、
ビタミンE脂溶性ビタミンなので、
油で炒めたり、油で揚げたりすることで吸収率を高めてくれます。


栄養素 【ビタミンE】 を摂取する上での注意点

男性, 妊活, 不妊, サプリ, 栄養素, ビタミンE

 

ビタミンEは光に弱く、酸化がしやすい性質を持っています。
そのため、食品であれば冷暗所に保管する。

 

油などであれば小さいボトルなどを選び、
すぐに使い切るようにしてください。

 

 

【ビタミンE】 の過剰摂取による症状

 

ビタミンEの1日に推奨される摂取量は約7.0mgですが、
上限は650mgとなります。

 

ビタミンE脂溶性ビタミンなので、
水溶性ビタミンと違って一定の量を超えると
尿として体内から放出されることがありません。

 

しかし、普通の食生活で過剰摂取になることはなりにくいですが、
サプリメントを摂ることでリスクが多少あります。

 

ビタミンEの過剰摂取で出てくる症状は以下の様なものがあります。

  • 下痢
  • 吐き気
  • 肝機能障害
  • 筋力低下

 

女性はその他に、骨粗鬆症がありますので
特に閉経後の女性は注意が必要ですが。

 

しかし、このサイトを見ている女性は、
まず、閉経しているとは思えませんが・・・。

 

 

【ビタミンE】 の欠乏による症状

 

ビタミンE脂溶性ビタミンで体に蓄積されるからため、
そもそも、欠乏しにくいビタミンとも言われています。

 

しかし、もし欠乏してしまうと以下のような症状があります。

  • 不妊
  • 動脈硬化のリスク
  • 血行障害
  • 溶血性貧血

男性, 妊活, 不妊, サプリ, 栄養素, ビタミンE

          このエントリーをはてなブックマークに追加