男性が妊活を始めようと思う年齢は40歳がポイント

          このエントリーをはてなブックマークに追加

男性が不妊治療や妊活を意識し始める年齢は40歳

妊活中の女性:トモコ

(ノ≧▽≦)ノ

「男性が妊活を意識し始める年齢って40歳が多いって知ってた?」

妊活中の男性:ジロー

(‘・c_・`)ゞ

「へ〜、やっぱり『寄る年波には勝てぬ』って言うからね」

妊活中の女性:トモコ

(ノ≧▽≦)ノ

「でも、女性はもっと早く35歳から強く妊活を意識するんだけどね」

妊活中の男性:ジロー

(‘・c_・`)ゞ

「女性はどうしても男性より出産の年齢を考えてしまうよね」

妊活中の女性:トモコ

(ノ≧▽≦)ノ

「妊娠していることがわかっても、出産する時はほぼ1歳年齢を重ねているからね」

妊活中の男性:ジロー

(‘・c_・`)ゞ

「女性は大変だね・・・」

男性が40歳を境に妊活を意識する

妊婦に妻を労わるご主人

 

人間は男女問わす年齢を重ねるにつれ、体の衰えは感じていきます。

 

それに、伴って
「男性は精子・女性は卵子」
あなたの年齢によって変化していっているのです。

 

一般的に、妊娠や出産に対して自分の年齢を意識するのは男性より圧倒的に女性です。
確かに、科学的にみても妊娠に対して影響を受けやすいのは男性ではなく女性です。

 

そのため、男性に比べて女性は不妊や妊活についても強く意識します。

 

 

女性の妊活は35歳がターニングポイント

 

女性が妊活を強く意識し始める年齢は35歳です。

 

もちろん、女性も食生活、喫煙などの生活習慣で個人によって不妊に悩む度合の差はあります。
しかし、一般的に女性は35歳を超えると一気に妊娠できる確率が下がります。

 

女性は生まれた瞬間に一生分の卵子を持っています。
あなたの年齢は卵子の年齢そのまま反映されるのです。

 

 

男性の妊活は40歳がターニングポイント

 

以前までは男性の精子の年齢による劣化は、さほど気にされていませんでした。
しかし、医療が発達した現代では男性不妊の研究も進み、今では男性の精子のターニングポイントは40歳と言われています。

 

それが、
「世間的にもよく知られるようになったからなのか?」
それとも、
「男性が自ら体の衰えを感じ始めるのか?」
どちらなのかはわかりません。

 

しかし、現代では男性が妊活を強く意識し始めるのは40歳がターニングポイントとなる場合が多くなっています。

 

しかし、女性の卵子と違って、男性の精子は絶え間なくも、新しい精子が日々作られ続けていることを忘れないでください。

 

夫婦でともに協力しあう妊活サプリ


妊娠させることができる力 『妊孕力』 を上げる妊活とは?

妊婦の女性

 

妊孕力』という医学用語を聞いたことありますか?
あまり、聞き慣れない言葉ですが『にんようりょく』と言います。

 

簡単に説明すると、
「子供を授かることができる能力」です。

 

英語では『fecundity』と訳されます。
普通の英語辞書には『繁殖力・生殖能力』などの、日本語訳がついていますが、もう1つ別の意味があります。

 

それは『(土地などの)肥沃』という意味です。
一見、日本語では何も関連性もない単語です。

 

しかし、実は【不妊】【妊活】【妊娠】それぞれの段階によって、『肥沃』は重大な関連性があります。

 

妊活において大切な『肥沃』というのは、男性や女性の身体そのものです。

 

「肥沃な土地」とは「健康的な体」
「不毛な土地」とは「不健康な体」

 

「肥沃な土地」と「不毛な土地」ではどちらが、野菜などの作物が育つか小学生でもわかりますよね?

 

つまり、あなたの体が「肥沃な土地」、すなわち「健康的な体」でないとどのような妊活をしても子供を授かりにくいのです。

 

 

【不妊】 における『肥沃』

 

【不妊】と医者から診断されると「肥沃ではない」つまり「不毛な不健康な体」だと言われたことと同じです

 

男性にしろ女性にしろ、まず目指すことは「肥沃な体作り」つまり「健康的な体」を意識しないといけません。

 

 

【妊活】 における『肥沃』

 

【妊活】において意識しないといけない『肥沃』は男性と女性によって違ってきます。

 

もちろん、妊活の目指すことは「健康的な体」であることは同じです。

 

男性の『妊孕力』とは、「精子の妊娠させることができる能力」です。

 

しかし、女性の『妊孕力』は多岐に渡ります。

 

「卵子が受精することができる能力」
「受精後、受精卵が子宮内膜に着床する能力」
「妊娠から出産までの健康体を維持する能力」

 

女性の妊娠がわかれば、生物学上における男性の役目は終わりかもしれません。
しかし、出産後の子育てにおいての役目は増すばかりです。

 

男性のあなたは「健康面での肥沃」はもちろん、「経済面での肥沃」「精神面での肥沃」という、様々な面で求められるようになります。

 

 

【妊娠】 における『肥沃』

 

【妊娠】における『肥沃』とは何だと思いますか?

 

これは、男性と女性で大きく違ってきます。
妊娠はどんなに頑張っても、男性が代わってあげることができません。

 

妊娠中の女性は今まで以上に「肥沃な体」つまり「健康的な体」に気を付けます。

 

一方、ご主人である男性は、妻が妊娠中に、一体、何ができるか考えたことありますか?

 

つまり、妻が妊娠中に男性が必要となってくる『肥沃』とは、妻をサポートするための「精神面の肥沃」です。

 

「奥さんのことはもちろん、お腹の中の赤ちゃんを思いやる心」

 

この様な思いやりが、どれだけ奥さんの精神的な支えになるでしょうか?

 

決して、男性の妊活は妊娠して終わりではありません。


妊活して 【妊娠する】 【妊娠させる】 ということ

妊娠を喜ぶ夫婦

 

【妊娠する】という、日本語は他にも表現の仕方があります。

 

『みごもる』『はらむ』

 

漢字ではそれぞれ、
『みごもる』は『身籠もる・妊る・孕る』
『はらむ』は『孕む』
と、書きます。

 

以上は全て、女性側の視点の表現です。

 

一方、男性側の視点から表現した
【妊娠させる】は『孕ませる(はらませる)』と言ったりもします。

 

これらの表現の意味は全て同じです。

 

しかし、
『孕む(はらむ)』
『孕ませる(はらませる)』
という表現はどことなく
「望む妊娠」には使われず、
「望まない妊娠」にだけ使われる印象があります。

 

実は、男性側の視点から表現した『孕ませる(はらませる)』の意味は隠語があります。
その意味は、「賭博実行中警官の検挙に遭ひ、ばらばらに逃亡すること」の意味があります。

 

断じてあなたは事が発覚しても、奥さんから『孕ませて』はいけません。

 

 

【子を宿す】 と言うこと

 

熟語にはなりますが、
「妊娠すること」を【子を宿す】と言います。

 

なんとも、神秘的な表現だと思いませんか?

 

母親の中に“赤ちゃん”が“宿泊”しているのは、やはり居心地がいい『肥沃』な体内であることは間違いありません。


男性妊活サプリメント、マイシード

          このエントリーをはてなブックマークに追加

男性が不妊治療や妊活を意識し始める年齢は40歳記事一覧

妊活中の女性:トモコ(ノ≧▽≦)ノ「流産の可能性はどうしても女性の年齢が一番関係してくるだろうけど、男性の年齢も関係して...