男性が妻の不妊治療をサポートできる妊活とは?

          このエントリーをはてなブックマークに追加

妻の妊活をサポートしたいと思った男性側のキッカケやタイミングは?

妊活中の女性:トモコ

(ノ≧▽≦)ノ

「私たちも妊活のキッカケは私からだったよね」

妊活中の男性:ジロー

(‘・c_・`)ゞ

「そうだったね」

妊活中の女性:トモコ

(ノ≧▽≦)ノ

「初めから、積極的に妊活しようと思ってた?」

妊活中の男性:ジロー

(‘・c_・`)ゞ

「積極的に妊活しようとは思ったけど、何が積極的な妊活になるのかわからなかったけどね」

妊活中の女性:トモコ

(ノ≧▽≦)ノ

「女性にしたら、一番はしっかり心のサポートしてくれることが嬉しいかもね」

妊活中の男性:ジロー

(‘・c_・`)ゞ

「なるほどね〜」

妊活に始まり妊娠から出産までの、男性の役割とは?

男性, 妊活, 不妊, サポート, タイミング, 妻

 

男性が妊娠から出産までの間、生物学上の役割は夫婦生活、つまり、セックスするだけです。

 

その後、妊娠しているかの判断、めでたく妊娠して出産にいたるまでは、全て女性の仕事です。

 

この様に、男性は妊娠から出産に至るまで、サポートできることは限られています。

 

しかし、男性の存在がないと妊娠することもできないことも、また事実です。

 

あまりにも、不公平な仕事配分と思いませんか?

 

しかし、こればっかりはどうしよもありません。

 

現代の医療技術では女性に代わって、男性が妊娠し出産することもできるようですが、また、それは一般的にいわれる妊活の話とは別問題です。

 

不妊と知らずに妊活していませんか?


男性のあなたは妻の妊活には賛成? それとも、反対?

男性, 妊活, 不妊, サポート, タイミング, 妻

 

多くの場合、妊活を始めるキッカケは女性である奥さんからです。

 

不妊治療のため妊活を始めようと思うんだけど?」

 

あなたが、この言葉を聞いたときどのように思いましたか?

 

1.自分も積極的に妊活に協力しようと思った

 

2.妻の妊活は賛成だが、自分には関係ないと思った

 

3.不妊治療のために、妻がする妊活自体反対だった

 

 

1.自分も積極的に妊活に協力しようと思った

 

女性側の妊活に対する姿勢と、
男性側の妊活に対する姿勢には違いがあります。

 

不妊治療を始めると女性の生活は、全て妊活が中心に流れていきます。
食事、睡眠、運動など全てが妊活の事を意識し始めます。

 

「これは妊活に効く食材だっけ?」
「しっかり睡眠をとらないと、体に悪いかも?」
「少しは体を動かしとかないといけないかな?」

 

一方の男性は言葉では
妊活に協力するよ」
と言っても段階があります。

 

男性が考える積極的な男性妊活と、
女性が考える積極的な男性妊活の差を縮めて
お互いの認識をしっかり把握しておきましょう。

 

 

2.妻の妊活は賛成だが、自分には関係ないと思った

 

もしかして、あなたは
「男性の俺には不妊治療に関しては何の問題もない」
なんて勘違いしていませんか?

 

現代では不妊の原因は約半数が男性側にあるのはもはや常識です。
勃起ができて、射精ができれば関係ないなどと思っていてはいけません。

 

不妊治療における妊活は夫婦二人三脚でなければいけません。

 

 

3.不妊治療の妊活自体反対だった

 

もし、あなたが妻がやる不妊治療そのものに反対であれば一体、何が原因ですか?

 

子供を授かることに反対

 

そもそも、子供を授かることに反対なのであれば、夫婦間の離婚の危機と言ってもいいかもしれません。

 

結婚する時、お互いどの様に考えていたかも重要ですが、
「結婚 → 妊娠 → 出産」
は、ごく自然な人生の流れです。

 

考え方は、個人で違いますし、
「結婚したから子供を生まないといけない」
なんて決まりがあるわけでもありません。

 

まず、夫婦の間で話し合うことは
妊活』ではなくまずは『子育て』について、
よく話し合うことが先決でしょう。

 

不妊治療にはお金がかかるから

 

確かに、不妊治療を始めるとお金がかかります。

 

これは、夫婦の間の経済力によって変わってくる問題ですので、妊活する期限、もしくは不妊治療にかける金額をお互いの間で事前に決めておくといいでしょう。


男性は妊娠できないからこそ、妊活は頼りになる

男性, 妊活, 不妊, サポート, タイミング, 妻

 

女性の妊活と違って、男性の妊活には段階があります。
この違いについてはコチラのページでお伝えしました。

 

一方で、妊活において男性にはあって女性にないものもあります。

 

それは『妊活の限界』です。

 

もし、不妊の原因が男性側にあったら話は別ですが、男性不妊の原因は比較的目に見えやすいです。

 

 

病院で男性不妊を検査してもらっても問題がなかった場合、妊娠の負担は一層女性にのしかかります。

 

しかし、男性が女性の妊活サポートできることは数多くあります。
物理的に何かをしてあげると言うよりは、精神面のサポートが一番大切です。

 

妊活の結果や進捗具合を女性は体で感じます。
もともと、女性は感情の動物で、男性は理性の動物です。

 

そのため、妊活の結果を常に『一喜一憂』してしまいがちです。

 

 

決して、妊活は 『一喜一憂』 してはいけない

 

あなたは、どうして妊活する上で『一喜一憂』してはいけないと思いますか?

 

不妊治療のために妊活を始めると出産まで、様々な課題が関所のように待ち構えています。

 

「受精 → 着床 → 妊娠」

 

例え、めでたく妊娠しても流産の可能性があります。

 

女性の高齢出産は妊娠の可能性は低くなりますが、逆に流産の可能性は高くなるので、決して油断できません。

 

しかし、このような女性の体で起こる様々な体調の変化で
「感情的にならないでください」
と言われても、女性にしたら無理な話です。

 

そんな時、男性の旦那さんまでもが一緒に感情的になり『一喜一憂』になっては夫婦そろって感情に押しつぶされてしまいます。

 

感情的にならずに、心のサポートをしてあげることが、男性が女性にしてあげる大事な妊活の一部です。

 

 

妊活とは短距離走ではなく長距離走

 

妊活とは短距離走のように、一気に駆け上がるものではありません。
長距離走のようにペース配分をしっかり守って、感情的にならず淡々と進めることが大事です。

 

不妊治療の例えとして、
「出口が見えない、真っ暗なトンネル」
と、言われることがあります。

 

妊活はこれをやればいいという明確な答えはありません。
しかも、明かりとなる出口は一向に見えてこないのです。

 

それを、承知の上で女性はトンネルの中を、淡々と進み続ける覚悟を持っています。

 

そこに、一筋の光になってあげることができるのは、旦那さんのあなた自身であることは気づいているのではないですか?


男性, 妊活, 不妊, サポート, タイミング, 妻

          このエントリーをはてなブックマークに追加